カードローン比較が重要

カードローンは各条件で比較をしていくことが成功の秘訣

MENU

カードローンは求める条件でよく比較をする

お金を借りられるカードローンは、業者や利用先によって金利や限度額が大きく変わってきます。自身にあったカードローン利用のためにも、よく考えてよく比べておくと、良い借り入れが出来るようになります。

 

 

銀行で使うか消費者金融で使うかによっても変わってきますので、まずは基本となる自分自身の求める条件をしっかりと定め、どのようなカードローン利用をしたいかを考えてみると良いでしょう。

 

それぞれのカードローンの強みは全部違います

人間にもいろいろな個性を持った人がいますが、カードローンにもさまざまな特徴を持ったものがたくさんあります。金利は低いけれど審査が少し厳しかったり、審査は緩やかだけれど金利が少し割高であったり、金利と審査はそれなりであるけれどサービスが良いところなど、それぞれのカードローンの内容は千差万別です。

 

それぞれ違った内容のサービスを提供しているのですから、しっかりと比較をして選ぶことが大切でしょう。インターネットで検索をしてみると、いくつもの比較サイトがヒットします。わかりやすい比較サイトを利用して、どれが自分にとってピッタリとくるサービスを提供しているのか比較してみてください。

 

どのサービスが合うかは、それぞれの利用者によって違います。それは、金融会社によって提供されるサービスそれぞれが微妙に違っているのと一緒です。それぞれの利用者の求めるぴったりとくるサービスは違うのですから、自分がどのように利用したいのか、そしてどのように返済したいのかをよく考えて選びましょう。

 

自分が大事だと思うポイントをピックアップし、それぞれに優先順位を付けてみてください。その優先順位に沿って探せば、自分にピッタリのカードローンが見つかるものです。
参考サイト:http://cashing-mix.com/

 

審査に重要なのは勤続年数と職業

カードローンの利用を申し込むと、まず審査があります。最初の簡単な仮審査では、年収や他社からの借り入れ状況などを確認されるだけなので、そう落とされることはありません。しかし本審査になると、きっちりと様々な項目で判断されることになります。

 

中でも重視されるのが、勤続年数と職業の内容についてです。借り入れとは借金ですから、貸す側のカードローン会社にしてみれば返済能力が高い人にしか貸したくないものです。

 

返済能力が高いということは、安定した職業と収入があることです。離職率が高くないか、倒産のリスクはないか、業績不振などによって給与カットなどの可能性はないかという点を確認されます。パートやアルバイト、自営業だと収入が不安定と見なされ、いくら今の収入が多くても審査は通りにくくなります。また、勤続年数が1年未満だと、なかなか審査をクリアするのは難しいようです。

 

特に6ヶ月程度だと、検討の余地無しで落とされてしまいます。例えば公務員という比較的安定した職業についていても、勤続6ヶ月だとまず無理でしょう。借り入れを考えている人は、自分の勤続年数をまず考え、足りない場合は最低でも1年続けてから申し込んでみましょう。

 

カードローン審査は銀行の方が厳しい

消費者金融と銀行のカードローンでは、銀行の方が審査基準が厳しくなっています。審査時間としてはそこまで大きな違いはなくなっていますが、銀行では借りられないけど消費者金融なら借りられる方も珍しくありません。

 

ただ、銀行は審査に通れば金利や限度額が優れている場合が多いので、はじめての利用なら銀行から考えてみると良いでしょう。
≫銀行カードローンは来店不要のおまとめローンも出来るオリックス銀行